閉じる

イベントで使って捨てれなかった紙コップでの苗づくり

今年の1月〜3月にかけて。和束では倉庫のなかに家(小屋)を建てていくというふしぎなリノベーションスクールが開催されていました。→詳細はこちらとかで Tsunagiba シェアハウス リノベーションスクール@和束町 | 相楽暮荘

わたしもだいたい参加していたのですが、とってもたのしくて有意義な時間でした。スライド丸のこやビスどめくらいはできるようになったしね!

ただここで毎回使っていた紙コップを、わたしはどうしても捨てられなかったのです。

毎回約20人が参加して、毎回ひとりにつき3個くらい紙コップを使うのです。けっこうな数。。終わるごとに、「持って帰りたい」と言ってもらって帰り、軽く洗って乾かして。
なんとなくぼんやり苗ポットとして使えるよな〜とおもいながら、ずっとためてました。
(こういうときに特に変な目で見られずに、「ええやん〜」と言ってくれるみんなが大好きです)

春が来た!

そして、そうこうしているうちに、あたたかくなり、種まき&苗づくりの時期が来た!

そしてなんのあてもなかったのですが、なんと畑を借していただけることになったので、そうだ、あの紙コップタワーだ!

ひとつひとつ、底に穴をあけていきました。

ふつうの苗ポットよりもかたいので、抜きづらい…かもしれないけど、それはまたそのとき考えよう。

裏山の土をいただく

またさらに続きます。

今度は、苗づくり用の土。庭の土だとにわかにかたく、栄養素的にイマイチな感じがしていたので、近所のかたの裏山の土をいただきました。
この腐葉土がほんとに腐葉土ですばらしい!長年の落ち葉や枝、それを微生物が分解したであろう黒い土。

それを紙コップポットに入れ、種をまきました。

なかなかの達成感。

今回買わずにすんだもの

  • 苗ポット→イベントで捨てられる運命だった紙コップたち
  • 腐葉土→Hさんの裏山の土
  • 苗ポットを入れるカゴ→とりあえずダンボールに入れている

いろんな人のおかげで生きています。いつもありがとうございます。

photos by Takashi Matsukawa, Tomomi Kasumi

イベントで使って捨てれなかった紙コップでの苗づくり」に2件のコメントがあります

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2020 地球を大切におもうデザイナー * とみたちひろ | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.