これからの時代に必要なこと=「地球で生きる力」

どうも、ちーちゃんです。

1ヶ月、2ヶ月の慣れないリモートワーク期間を過ごし、みんなはどう感じているでしょうか。

※これは、IT界隈の開発者たちのコミュニティDevLOVEの「緊急事態宣言アドベントカレンダー」に参加している記事です。

これまでのくだり

わたしは、2011年から6年ぐらい、東京でWebやネイティブアプリのデザインを言葉通り「バリバリ」やっていたが、2年前に、ダウンシフトをしようと決めて、東京から離脱した。

その後、人のご縁がつながって、知る人ぞ知る茶産地、京都府和束町に移住することになり、小さなカフェを開きました。(いまはCOVIDさんでおやすみちゅう)
【過去記事】京都府和束町にてTSUNAGIBA CAFEをオープン – 地球を大切におもうデザイナー * とみたちひろ

そして、去年の「DevLOVE X 〜 それぞれの10年、これからの10年 〜」で、
・もう成長せんでええんちゃう?
・ダウンシフトしようぜ
という発表をさせてもらい、いろいろな意見をいただきました。あれから約1年。【過去記事】DevLOVE X 〜 それぞれの10年、これからの10年 〜 – 地球を大切におもうデザイナー * とみたちひろ

いま、世界中が「非日常」になりました。
さすがの和束町も緊急事態宣言を受けて、カフェや飲食店はおやすみになっています。
スーパーとホームセンターは開いている。でも都市部と同じように、レジ部分にビニールシートが貼られています。
でもそれ以外はなにひとつ変わっていない。あぁ、田舎すばらしい。

わたしはというと、「日常」のままである。

  • 仕事:そもそもほぼしていない。笑
  • 畑:春になり忙しくなった。
  • 近所の人:例年どおり、自給用の田や畑の準備、主産業である茶の準備も始まっている。

ニュースで騒がれているような「非日常」を遠目にみながら、わたしは「日常」にいます。
今日は、そんななかで感じることを伝えたいと思います。

今までの価値観が真逆に変わると思ったほうがいい

日々の情報はYouTubeで仕入れている(テレビはうつらない)のだが、いろんな分野において、今までの価値観が真逆に変わると思ったほうがいいと思っています。
そもそも、都市部では、経済をはじめいろいろなことが過剰に豊かになってしまっていたのです。
これからは、経済的には「あるていどの豊かさ」におさえておくのが幸せなのではないでしょうか。

忙しすぎるほどに働く、ではなく、楽しいぐらいに働く

いま、最低限の経済しかまわっていない。不要不急なものは、今後も売れなくなります。(黒川あつひこ氏談)
飲食店も時短してテイクアウトオンリーだったり、ライブやエンターテイメントもキャンセル。
たしかに、パァッとすることがないぶん、いろいろなストレスも溜まっていると思う。…でも、生きていけないかといわれると、そういうわけでもないよね。
休みの日、行くとこがないから家族で公園に行って遊ぶ。あれ、公園でみんなで遊ぶのってこんなに楽しかったっけ…?とちょっとだけ思ってませんか。笑

休みの日はイオ○でお買い物〜♪というのがストレス発散だったあなた、いま自粛してみてどうですか。
春うららかで暖かな日に公園で家族で遊ぶ。あれ、気持ちいいな。外ってこんなに気持ちよかったっけ。とか思ってませんか?ちょっとだけ思ってますよね。笑

あれ、買い物って必要なもの以外はそんなにしなくてもいんじゃない…?
あれ、買わなかったらそんなにお金必要なくない…?
あれ、お金そんなに必要なかったらこんなにめいっぱい働かなくてよくない…?

そう、そこまでいけばあなたももう立派なダウンシフターズ。

減速して自由に生きる ──ダウンシフターズ (ちくま文庫)

買って消費、ではなく、必要なものはじぶんでつくる

さあダウンシスターズになったあなた、あんまり買わなくても生きていけることに気づきましたよね。
そしたら次は、「これ買おうかな…」と思ったものをじぶんでつくってみませんか。

めいっぱい働かなくてもよくなったので、時間は多少あります。
そして商品を買うためのお金で、材料を買いましょう。

「家で生活してると、この動線が不便。。ここに棚がほしぃなぁ〜」
はい、IK○Aに行って棚を買うのではなく、ホームセンターに行って木を買いましょう。
そして関連する道具やパーツ。電動ドライバーまたはインパクト、ノコギリ、ビス、メジャー、差し金、などもそろえましょう。道具やパーツは、また次に使い回せます。
※できれば100均ではなくホームセンターで、ね。

棚をつくったら次は、土と種(または苗)を買っておこう。
今後、食料の調達もどうなるかわからなくなるかもしれません。日本の食料自給率は40%ほどです。あまり考えたくありませんが、国境封鎖が続くとなると自給していかなければならない…かもしれない。

じぶんたちが食べるものを、少しでもいいので自分でつくってみよう。
もし、もしもスーパーで野菜が売られなくなったら、あなたはカップ麺や宇宙食でしのぎますか?それとも、家でじぶんたちでつくった野菜を食べますか?

家にある、使い古しのものなんでもいい。
牛乳パック、紙コップ、ペットボトル、などなど。
底に穴をあけて(水抜き用)、土を入れて、種をまいて、日のあたる場所に置いて水をやろう。
しばらくすると、芽が出てきて葉が出てきて、やがて花が咲き実ができる。

朝起きたとき、夜ねるときは、彼らにあいさつをしよう。彼らは人間の波動を感じています。ありがとうの感謝の心も忘れずに。

【過去記事】イベントで使って捨てれなかった紙コップでの苗づくり – 地球を大切におもうデザイナー * とみたちひろ

いまだからこそ、不便をたのしむ

そう、いまはきっと、少しだけ時間のよゆうがあるはず。
だからこそ、「不便」を楽しむ練習をしておいてはどうでしょうか。
お金を出して「買う」という行為は、ものごとが最短で進む方法です。
でも、今だからこそ、少し遠回りをしてみようじゃないですか。

普段は炊飯器に入れてスイッチポンのお米も、土鍋で炊いてみよう。
普段は買ってくるパンを、材料買ってきて自分でこねて焼いてみよう。
普段は買ってくるお茶を、野草を摘んで木の葉を採って、干して煎ってお茶にしてみよう。
普段はガスコンロで沸かすお湯を、薪で火を焚いて沸かしてみよう。

スギナを干して「スギナ茶」をつくる

いつもはお金でさっくりと手に入れていたものが、じぶんでつくるといかに時間がかかるか、口に入れられるようになるまでにいかに労力がかかっているのか、目に見えてわかる。
思いのほかたいへんなのだが、これを続けていると、生きるということはほんとうに豊かなのだなぁと思えてきます。
(ここはなんとも言語化しづらい…。。もうやってみて感じてもらうしかない。笑)

危険を避ける、のではなく、危険に遭遇したときに対処できる方法を知っておく

不便をたのしむためには、実は危険なこともある。
たとえば、火を焚くのも現代では「危険」とされます。しかも煙が近隣で煙たがられるので、というクレームもあります。
でも、じゃあいざインフラが止まってしまったとして、みんなは軽々となにもないところから新聞や木の枝を集めて火を起こせるのでしょうか。
正確には、火を起こすのはマッチとかライターを使ってもいいので、、笑。でも、そうだとしてもわたしには慣れるまで火を保ち続けることはできませんでした。そう、火を保ち続けるのも、いまの現代人にはむずかしいことになってしまっているのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

癒やされMAX🔥

ちーちゃんです😊(@chihiro.tomita)がシェアした投稿 –

どの木がどれだけ燃えやすいとか、どれくらいの湿度だと燃えないとか、空気の量はこれぐらいは必要だとか、いきなりライターで大きな丸太を燃やすことはむずかしいとか。
こればかりは座学で学んだところで、実際に何度もやってみて感覚をつかまないとできるようにならない。

いまの都市部の子どもたちも、きっと火を使ったことがないでしょう。
「危ない!」といって焚き火などから遠ざけられています。
でもそれだと生きる力は身につかない。火はこうやったら燃える、こうやったら燃えない、という知識と体験のほうこそがほんとうは必要になるのです。

そういう意味では、ボール遊びができない公園にはほんとうに腹が立つ。
ボール遊びを避けさせるのではなく、ボール遊びによってなにかが起こったときにどう対処するのか、を教育することこそが大事だと思うのです。

これからは、これはだめだ!と外側からの圧力で禁止するのはナンセンス。それではもう時代がもちません。もっと内側から出るもの(自主性)を大事にしていってほしいのです。
ボール遊びによってとなりの家の窓ガラスを割ってしまったら、それはもうしかたがない(のび太かw)。そのときにどうするかを子どもたちも自分で考えなければならないのです。
大人が囲い込んでしまっては、日本の将来は絶望的でしかありません。

死なないために、ではなく、生きるために

言葉の綾になってきつつあるが、そうではない。
危険の話とも重なるが、「死なないために」というネガティブのモチベーションは、だいたい死にます。
「生きるために」というポジティブなモチベーションこそがほんとうに生きる力をつけてくれるのです。

ワクチンではなく、免疫力を

それと同じことが、これ。
みんな、ワクチンを待っている。
でも、ワクチンは、外側からの圧力。
内側からの免疫力がちゃんとしていなければ、ワクチンをいくら打っても効かないし、新しいウイルスに進化したときになにも対処できない。
さっきの公園でボール遊びの話と同じことです。

そう、免疫力。免疫力だいじに。いのちだいじに。
免疫力をあげるためには、たくさん笑う、そして食養生。
醗酵による菌は、最強だと思う。じぶんで仕込んだ米麹。そこからの塩麹、醤油麹、手前味噌。
そう、これも「不便をたのしむ」の一貫。味噌なんか、仕込んでからできあがるまでに1年もかかる。

言われたことをする、ではなく、じぶんがいいと思ったことをする

そして免疫力をあげるためにもうひとつ必要なのが、これ。
いやなことをいやいややっていては、からだのバランスも崩れてしまいます。
じぶんに自信をもって、自分の意見を主張していいんです。
そして、議論すればいいんです。けんかじゃなくて。

経済的な豊かさと、生きることの豊かさのバランス

こう話してみると、「江戸時代に戻れというのか!」と思われるかもしれません。でも、そうではありません。
明治維新から二度の世界大戦、敗戦後の日本の経済成長は、まさに先人たちの残してくれた財産。

地球に負荷のかからない技術は、使う

わたしがいちばん気をつけていることです。
地球だいじに。
なにが地球に負荷がかかるかかからないかは、厳密には根拠づけてはわからないし、地球に負荷がかかることをわたしもやってはいる。(車ないと生きていけないし…)
けど、必要以上に負荷をかけてはいけないのです。

文明によって便利になったことと、「地球で生きる」ことのバランスをとること。これが「豊か」につながるのではないでしょうか。
それは、この緊急事態宣言が出されたことによって気づく人もたくさんいると思います。
不要不急なものは、そんなに必要ないのではないか。
そんなにたくさん働かなくても生きていけるではないか。

そうだ、種をまこう

そんななか、家でできること。「種をまくこと」。
リモートワークしながらでも、ぜんぜんできます。

「消費するのではなく、つくる」
必要なのは、1日10分だけ。リモートワークしながら、少しの息抜きに。
ぜひ家で野菜を育ててほしい。そして、じぶんの育てたものの大切さに気づいてほしい。こんなにおいしいのか、と。愛着もあるのです。

大根は、どれも芸術的(笑)

食べるものがないと、人間は生きていけないし、暴動の原因にもなる。日本の人は礼儀正しいからだいじょうぶかな…?とはいえ、死活問題であることには変わりない。
DevLOVEのみんなの食料をわたしがつくっておくよ!と言いたいところだが、さすがにムリ…笑
なので、とにかく土と種は買っておいてください。トイレットペーパーの買い占めではなく、土と種を買い占めておけば、いざというときにも食うに困らない。トイレットペーパーは食えない。

さいごに

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
気づいた人いるかもしれないけど…ヒマで、勢いあまってYouTube始めちゃいました。笑
ちーちゃんの、日々のてしごとをしながらのたわごとチャンネルです。
といいつつ、「地球で生きる力」を身につけておこう、という強いメッセージが入ってます。
BGM的な流し聞きに最適!ぜひご登録ください。

ちーちゃんの、モノを買わない生活ちゃんねる〜地球の生き方〜 – YouTube

いつもながら、開発界隈に直接関係のない話を食い込ませてもらってありがとうございます。

なぜ「自然に近い暮らし」をしたいの?

最近、じぶんはどうしていきたいのか、これからどんな生き方をしていきたいのか、を問われると「自然に近い暮らしをしたい」と答えることが多い。

実はこれにはちゃんと言語で説明できる理由はない、直感。笑

でもこれ人に説明しないといけないことが多いので、まとめてみるよ。

自然に近い暮らしとは?

さっきのくだりで「自然に近い暮らしをしたいんですよ〜」というと、「ああ畑とか?若いのにえらいな〜」といわれることが多い。

たしかに畑もそうなんだけど、それはほんの一部にすぎない。

わたしがイメージするのは、家、衣服、食べ物、生活に関わるすべてを、自然のめぐみをいただいてつくりだすこと。
そして、必要なくなったものはすべて自然(土)に還ること。

よく考えると、むかしはみんなそうだったはず。最近だと江戸時代とかまではほんとにそんな暮らしだったはず。

肥溜めから堆肥をつくったり。
着物を使い古してもリメイクしていろいろなものに変えたり。
箱や入れ物、衣装ケースなども、木やわらなどでつくられていたり。
電気もないから行灯(あんどん)やろうそくとか。
自然に還らないプラスチック素材とかはなかった。だいたいのものは燃やして灰になり、畑にまいて肥料になる。もちろん有毒ガスや有害成分も出ない。

ただ、それは「今で言う効率化」とはほど遠い。
お金もあったろうが、なにぶんお金で買えるモノ自体も少ないのだから、そんなにかんたんに必要なものがすぐに手に入る時代ではなかったはず。(たとえスマホでamazonでポチることができたとしても、モノ自体がないから、、笑)

でも、当時は当時なりの効率化があったはず。That’s why 「今で言う」を強調したのだ。
当時なりの効率化、そのひとつがいわゆる「物々交換」だったはず。
衣食住に関わるすべてをひとりひとりが、もしくは家族単位でもやろうとするのはけっこう無謀。時間がいくらあっても足りないし、得意・不得意もあるから。
でも、「餅は餅屋」で得意なことをみんなするようにして、それを等価交換すれば効率的だ。

なにが言いたいかというと、日本だと明治時代に入ってから、世界だとイギリスの産業革命あたりぐらいから、この200年あまりでそのへんの概念がガラリと変わってしまったのだ。
「自然に還る」という循環の概念が、二の次になってしまった。

これが、経済成長を加速させることになる

新しいものをつくって、循環のことを考えずに(=捨てるときのことは考えずに)、ひとびとは便利を追求した。
耐久性のある素材を開発した。でもそれは大規模な工場でつくられたものだから、個人ではつくれない。自然には還らないし、個人でほかの形に変えようとしても、変えづらい。リユースがしづらいものだ。

そして、現代の生活はとっても便利になった。
モノ自体も増えたので、お金があればなんでも買える。amazonさんでポチればおわり。

その側面で、地球の悲鳴がきこえる

これこそ宗教っぽいといわれるかもしれないけど、その結果として、地球の悲鳴がわたしにはきこえる。というか感じる。
この便利な生活にひとびとも慣れてしまい、マインドも変わってしまった。

いまや、都会の公園では遊具も撤去され、ボール遊びもできない。
近所の田んぼのカエルの合唱がうるさいからといって駆除しろという人も出てきた。

これにはほんとに憤りを感じる。
カエルがいなくなったらどうなるのか。
まわりまわっておいしい米が食べられなくなるが、そのことに現代のひとびとは気づくことができなくなってしまった。

あなたは地球と共生している?

地球との共生を考えると、現代のこの問題を避けるわけにはいかない。
地球だけでなく宇宙でもいいんだけど。

現代のひとびとは、人間以外の生物のことを軽視しすぎていることに気づいてほしい。
都会の虫はくまなく駆除される。大型薬局の店頭には「虫よけ」「巣の駆除」などのスプレーがずらりと並ぶ。
G(ゴキブリ)が部屋のなかにいようものなら殺虫剤を噴射される。なのに、カブトムシやクワガタは値段をつけてホームセンターとかで売られていたりする。
ペットはかわいがるのに、野生の動物は畑を荒らすからとワナにかけられる。

人に害がある(と勝手に人が考えている)ものは排除しようとする。
でも、彼らも地球上では意味があって現代まで種をつないでいる生物だ。
野生の動物がなぜ山をおりて人間たちのいる畑まで来てしまうのか、なぜ田んぼでカエルが大合唱をするのか、その理由を現代のひとびとは考えようとはしない。

持続可能な地球にするためには、「人」のマインドを変えないとむり

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざは有名だけど、これは人間にもあてはまる。
地球人としてこの生を選んできた以上、地球をこれ以上よごして(=自然に遠いものばかりであふれさせて)子孫に残してはいけない。

いまのマインドのまま進んでいってしまうと、地球はとても持続可能にはなれない。

人のマインドを「変える」というか、つい200年前までもっていたマインドに戻ってほしいというほうが正しいのか。

せめて、「生物の多様性」の意味についてだけでも、小学1年生の授業から大人もいっしょにもういちど考え直してほしい。みんな理科で習ってるはずよ。

なぜ野菜ができるのか。どうやって実を結ぶのか。
わたしたちが生きているのは、木などの植物や、微生物や菌なども含めてほかの生物がたくさんいるから生きていけている。

そうでなければ、みんなカンニバルをして生きていくー??

 

まあそれは極端だとしても…
そのいっぽうで、必要最低限の現代文明も併用しながら。

京都府和束町にてTSUNAGIBA CAFEをオープン

構想は、実は1年前から。。。

奈良にいすわりはじめたときに言われた、「ちーちゃん、モーニングパン焼かへん?」ということば。実はずっとぼんやりと考えてました。

和束町でお茶農家さんの援農プロジェクト「ワヅカナジカン」をやっているY下J太氏。彼が言ってくれたそのことばは、「援農の応援をしたいなぁ」という思考が芽生えることになっていた。

そしてワヅカナジカンの新しい居住スペースTSUNAGIBA SHAREHOUSEが完成した今年の5月から2ヶ月で、仲間(ファミリー)たちの力をかりて(というかむしろファミリーたちが…笑)DIYをしていって、完成したカフェがこちらー!

パンの日
おにぎりの日

いまのところ、パンの日とおにぎりの日。ドリンクはコーヒー、お茶、お茶スムージ、もちり棒などあります。

Instagramをメインに発信しているのでこちらを要チェック〜!
Instagram@tsunagiba.cafe

TSUNAGIBA CAFEの想い

このカフェは、実はいろんな想いが入っている。
最初は、援農で来た人たちが朝ごはんはローソンのパンやおにぎりですませているという話をきいて。わたしが焼くパンはプロのそれとはほどとおいけど、ローソンのよりはおいしいやろうという。笑(←プロが聞いたら怒られる)

飲食をやったことないわたしがパンを焼いてモーニングとして提供するという挑戦。
和束には、実はそういう挑戦をこれからしていきたい、という人が集まっている…というかわたしのまわりにいるだけかもしれないけど。笑
そういう挑戦してみたい人が、ちょっとしたランチをしたり、カフェをしたり、雑貨やオリジナル商品をつくっている人たちがちょっと売ってみたり。

そんな場所になったらいいなぁと思い、わたしも着物をリユースした雑貨を置いている。まだ売れてないけどー笑

販売している雑貨

「やりたい」という想いと、それを応援してくれる仲間と、町の人

カフェをやるにあたり、いろんな人に助けてもらったし、いまも助けてもらっている。
町の人たちも、たくさん助けてくれる。

パン屋って実は個包装するときにすごい資材を使い、それらは一瞬でゴミになる。
ここではパンの表面が油っぽくないように、手が汚れないパンにしていて、包装するのは古新聞。(ちょっとかっこつけて英字新聞にしてる。笑)

紙袋も、家にあって使わないものにカフェのスタンプを押して使ってる。
阪急百貨店の紙袋にTSUNAGIBA CAFEのスタンプが押してある。笑

個人的に「ゴミを使う人」というイメージがすでについているのもあるからかもしれないけど、そうしていると、みんないらない紙袋を持ってきてくれるようになった。笑
しかも前に渡した紙袋もまた持参してきてくれる。

みなさんのやさしさに涙が出る。

みんなでDIYでやった施工

施工にはAっしゃんの存在は欠かせない。
日々別のしごとをしている中、5月の休みの日はこちらに時間を費やしてくれ、寸法や材料など、下地となる部分を新材を使ってキメてくれたおかげで、上地をきれいに飾っていくことができた。

配管からの、下地をつくっている

GWの最中は、近隣(大阪、滋賀、奈良など)の仲間たちも来てくれて、わいわいとDIYの時間を楽しんでくれた。

手伝ってくれる仲間

上地は、ほとんど廃材を使い、壁紙もじぶんでぬってみた。笑

自分で塗った白レンガ

そして、おにぎり&お茶担当のRょうくんはカウンター下のおされペイントを。
彼は @matcha_boy_91 として日本茶を都会の若者たちに普及していて、今後オリジナル商品もたくさんできる予定。

お店の看板ともなるカウンター下

メイキング動画

写真たくさんあるので、メイキング動画にしました。個人的には、涙モノです。笑
(自己満でもありますがご容赦を!)

感謝!

ずっとぼんやりと思っていたことがなんと形になりました。
形になるというのはなんかふしぎな感じ(言語化できない)ですが、流れ流されこうなったのはまちがいない。

オープン日にのぞいてくれた和束のあたたかい人たち、手伝ってくれたいろんな人たちみんなに感謝しかありません。

少しずつ、いろんな人が挑戦できる場をつくりながら、ほそぼそとオープンしていますので、これからもあたたかくお見守りください。よろしくおねがいします。

DevLOVE X 〜 それぞれの10年、これからの10年 〜

6/22(土)と6/23(日)の、土日の2daysにわたってひらかれたDevLOVE X 〜 それぞれの10年、これからの10年 〜

ソフトウェア開発・越境界隈での重鎮が集まる、二度とないこんな豪華な顔ぶれ。

いつもお世話になっているギルドワークスの市谷さん(&竹本さん)が2008年にはじめた開発者のコミュニティは、11年が経った今は6000人の規模となり、この二度とないくらいの大イベントも200人の参加者。

個人的に市谷さんと仕事をさせていただいているなかでいろんな話を聞いているので、わたしの思い入れもそれなりにあり、なんか関わらせてもらうだけでしあわせやなぁ〜と感無量。何度か泣きそうになった。

見えないところでいろんな人のいろんな気持ちが見え隠れ。
ふだんはクールなあの人も、今日のセッションはなんかエモいぞ。それを聞いて、気持ちを感じて、また泣きそうになる。笑

他の方のセッションもどれもおもしろかったー。もちろん、大半が開発においてやってきたこととか、今までの振り返りとか、これからの未来の話とか。

しかし、いろんな人の振り返りを聞いているなかで、10年以上前からアジャイルを啓蒙しようとしてきた方、啓蒙しようとしたけど早すぎた感とか。
新しいもの(=良きもの)をいちはやくとりいれて広めようとする姿勢は、いまも昔も変わらないし、10年以上前からそういう姿勢の方は10年経ってもいまもその姿勢は変わらない。

少し時代が早すぎるかもしれないけど、でもそれは今後のスタンダードになっていく。いまの重鎮たちはみなそうやってきた人たちでした。

そんななかでひっそりとわたしも発表させてもらいました。

ソフトウェア開発の文脈ではわたしはなんの役にも立たない(…ことはないか、UIデザインには興味はある)。
はてなにを話すべきか…と考えた結果、いまの自分の思うことを正直に話してみました。

10年後…地球はあるのか?

まだ成長する?(成長する必要ある?)

次の100年のためにエンジニアとしてあなたにできることは?

エンジニアじゃないあなたも!次の100年の地球のために、今なにをするべきか。個人個人ができることを。

いちばんのメッセージは、昨年末に発表されていた、宮崎県でのドローンでの山林への除草剤の散布問題。
宮崎からオーガニックが無くなる?農薬林業と宮崎の未来 : 山師兄弟Blog 『 林業ボブマーリー 』 

このシステムをつくってほしいと依頼されるのは、もしかしたらあなたかもしれません。
そのときに、「Yes」というのか「No」というのか。

本当に「正しいものを正しくつくる」とはどういうことなのか。目先の仕事の効率化のために地球によくないシステムをつくってしまってもよいのか。もしつくるとしたら、あなたにもその責任はあるのではないか。
と、えらそうなことを言える立場ではないですが、内心そう思うのです。

この内容が思いのほか良い良いと言ってくださる方がいて、うれしい反面、ちょっとびっくり。しかも経営者のかたがたに。

セッション後にはゆっくりお話できなかったので、ぜひまたお会いしてお話したいです。

正しいものを正しくつくる

(あ、宣伝。笑)

ダウンシフトはこわい?

グループワークで自分の想いを共有するなかで多かったのが「ダウンシフトに勇気がいる」ということ。そのときわたしは「月10万円以下で生活しているのでそんなに稼がなくてもいいんですよ」と答えたのだが、いま思うとそういう答えがほしかったわけではないのかな。笑

逆に、なにがこわいんだろう。と聞いてみればよかったな。
いままで東京でやってきたキャリアを捨てることに勇気がいるのか。
いまの生活レベルを落とすことに勇気がいるのか。
いちど捨てると戻れなくなることが不安なのか。

個人的には、捨てたところでまた新しいものが入ってくるからなんとかなる。これが答えかな。だからこわくない。
しかもいままでの経験があるから、それを活かして新しいことに自由に挑戦できる。

あ、でも田舎の「不便な」生活を許容できる気がしない人は多いみたい。

でも正直なところ「不便さ」を楽しめるほうが気持ちが豊かになるとは思う。

沢渡あまねさんは「○○の問題地図」という書籍シリーズで著名なあの方だ。今度、いっしょに田舎で読書会を企画することになり大変うれしい。

田舎と都会、行き来する二拠点生活もとってもオススメしたい。都会でこもる日もあれば、田舎で川べりで作業する日もあればいい。生活はひとまず都会ですれば「不便さ」はないだろう。

ご縁とはすごい

登壇者のおひとり(重鎮)の@hiranabeさんと懇親会でお話させていただき、廃材アートの活動の件を伝えたところ、どこかへ走っていってこのポストカードをとってきてくださり、いただいた。
まさにいまこれによって自分に自信を持ってもらいことだらけで涙が出た。DevLOVE縁すごい。

これらの言葉「THIS IS YOUR LIFE. 」は、エコデザインベンチャー企業 Holstee 社のマニフェスト。
このマニフェストが素敵すぎて、NYまで行って日本語訳を申し出たらしい。すごい。

そんな平鍋さんも、福井に本社のある会社の社長さんで、東京と福井を行ったり来たりされていて、共感することがたくさんあった。ゆっくりお話したい。

まとめとスライド

わたし自身もこの発表によってじぶんの気持ちが整理できたのと同時に、そういう想いを持っている人たちとつながれてとてもよかったです。
ITこそ遠隔で成り立つ可能性があるのだから。

#DevLOVEX とみた ちひろ「生命の営みに触れるべき次の10年のために開発者に伝えたいこと」 #DevLOVEXB Day2-2B – Togetter

(表紙の写真:photos by Toshiaki Nomura)

循環の気持ちとこころ

この前、わたしたちのプロジェクト Permaculture Design Books でできた冊子を、しまなみ海道の向島に住むパーマカルチャー仲間に送った。(このプロジェクトについては別記事でまたくわしく)

対価をどうするかというところで話した結果、向島でとれた無農薬かんきつ類との物々交換でどうかということで合意した。

とってもおいしいカンパーニュといっしょに送ってきてくれた。

この無農薬かんきつ類(名前はわからないけど、全部ちがいそう!笑)、形もボコボコだし汚れもあるけど、食べてみるとめちゃくちゃ濃くておいしい!
こんなにおいしいのは食べたことない!と思った(のは彼からの気持ちも入っていたからかもしれないが…笑)。

貴重な無農薬かんきつ類のピール

さて、きょうび無農薬かんきつ類はなかなか手に入りにくい。さらにNo waxでもある。つまり、ピール(皮)をそのまま安心して使える。
こんなにうれしいことはない。この皮を捨てるなんてオレンジの神様に怒られる。

 

さっそくてんさい糖と煮詰めてピールにした。ほろ苦くてとてもおいしい。

パンやスコーン、クッキーにもした。

その中でも、日持ちのするクッキーをどんぶらこ〜と彼にお返しした。

距離は関係ない循環の気持ち

やっていることはなんてことない、いただいたものを形を変えてお返しする。
「かんきつ類→食べ残った皮をピールにしてクッキーへ」
ただそれだけ。

通常なら捨てるべきものを、形を変えて価値を与える。わたしの好きなやつ。笑

広島と京都。距離は離れているけど、配送屋を介して循環の気持ちがつながる。とても豊かで幸せな気持ちになった。

こんなにおいしそうに食べてもらえると、うれしい。

※配送にかかる梱包材などはエキストラで出る「ゴミ」になるやもしれない。でもできるだけそれも再利用、利活用したい。

イベントで使って捨てれなかった紙コップでの苗づくり

今年の1月〜3月にかけて。和束では倉庫のなかに家(小屋)を建てていくというふしぎなリノベーションスクールが開催されていました。→詳細はこちらとかで Tsunagiba シェアハウス リノベーションスクール@和束町 | 相楽暮荘

わたしもだいたい参加していたのですが、とってもたのしくて有意義な時間でした。スライド丸のこやビスどめくらいはできるようになったしね!

ただここで毎回使っていた紙コップを、わたしはどうしても捨てられなかったのです。

毎回約20人が参加して、毎回ひとりにつき3個くらい紙コップを使うのです。けっこうな数。。終わるごとに、「持って帰りたい」と言ってもらって帰り、軽く洗って乾かして。
なんとなくぼんやり苗ポットとして使えるよな〜とおもいながら、ずっとためてました。
(こういうときに特に変な目で見られずに、「ええやん〜」と言ってくれるみんなが大好きです)

春が来た!

そして、そうこうしているうちに、あたたかくなり、種まき&苗づくりの時期が来た!

そしてなんのあてもなかったのですが、なんと畑を借していただけることになったので、そうだ、あの紙コップタワーだ!

ひとつひとつ、底に穴をあけていきました。

ふつうの苗ポットよりもかたいので、抜きづらい…かもしれないけど、それはまたそのとき考えよう。

裏山の土をいただく

またさらに続きます。

今度は、苗づくり用の土。庭の土だとにわかにかたく、栄養素的にイマイチな感じがしていたので、近所のかたの裏山の土をいただきました。
この腐葉土がほんとに腐葉土ですばらしい!長年の落ち葉や枝、それを微生物が分解したであろう黒い土。

それを紙コップポットに入れ、種をまきました。

なかなかの達成感。

今回買わずにすんだもの

  • 苗ポット→イベントで捨てられる運命だった紙コップたち
  • 腐葉土→Hさんの裏山の土
  • 苗ポットを入れるカゴ→とりあえずダンボールに入れている

いろんな人のおかげで生きています。いつもありがとうございます。

photos by Takashi Matsukawa, Tomomi Kasumi

デザインを含む「ものづくり」に対する同調の心

フリーランスになり…というよりは「さすらいのデザイナー」という感じでひとりふらふらする期間も長くなり、いろいろな人と出逢うなかでもデザインのしごとをさせてもらっているなかで、ふとおもうことがあるので書きたくなった。

「ものをつくる」ということ

「ものをつくる」といってもわたしの場合に長けているのは、「だれかの想いをかたちにすること」のようです。
なので、だれかの想いがなければかたちにはならない。し、その想いがぶれぶれであってもかたちにならない…というかその場合はわたしがふりまわされてしんどいおもいをします。

「だれかの想い」に対する同調

言い換えると、その「想い」にかなり入り込みます。
「これをつくりたい!」という具体的なものよりは

  • なぜそれをつくりたいのか
  • それをつくってどうしていきたいのか
  • それが世の中のためにどう貢献していくのか

といったことを聞いて、その「心」に同調します。
そしてできるだけその立場にたった上で、どういう表現が人に伝わりやすいのかというのを試行錯誤してかたちにします。

なので、そもそもそのプロジェクトや商品に同調できないと、かたちになりません。
たとえば、わかりやすく誇張して言うと、地球環境を汚染しつづけるものを生産しているだとか、人の心をあざ笑うような商品とか、、

また、その人の心がきれいかどうか、というのも重要です。
真摯にそのプロジェクトや商品に向かい合っているか。
たとえ冗談であっても、じぶんのプロダクトや商品をバカにするような言葉を口にする人の想いは、かたちにはできません。

さらにいうと、ビジネス色の強いものも苦手です。
だれしもたくさんのお金がほしいという気持ちはあるかもしれませんが、それがメインの目標になっているとどうしても人間のいやな面が目についてしまう。
お金は二の次、草の根的にどうしてもこの商品や想いを世に打ち出していきたい、そういう人に同調しやすいです。

同調するときと、「同調した」と錯覚するとき

同調すると、ぴったり合う場合はだいたいどんな場合でも一発OKで進んでいきます。
たまにちょっとした方向性のかんちがいとなることもありますが、それはだいたいはこちらのヒアリングミスで、その後の軌道修正で問題なく進みます。
いちばんしんどいのは、同調した…と見せかけられて、実はちがった場合。
ヒアリング時に、お客様のほうが心を開ききっていない場合や、「実は裏にちがう意図があった」という場合はこういうことが多く、その後ふりまわされてしまう(と感じる)ことが多いです。

あくまでわたしの感じる気持ちなので、お客様はふりまわしたとは思われていません。
でも度重なる「そうじゃない」という言葉は、真意を聞いていないので理解できません。それは、同調しようとしているわたしの心に重くのしかかります。

できれば、すべて心を開ききって相談してほしいです。
もし、裏に言えないような意図があるような場合は、言ったものをそのままつくってくれるような他のデザイナーさんに相談してください。

逆に、同調せずにデザインをする場合はあるのか?と考えると、たぶんないですね。
お金のために生活のために、よくわからないものをつくることほどつらいことはありません。

なにが言いたいかというと

と、そんなわたしなので、たぶんお客様側からしてもめっちゃめんどくさい人です。笑

今まではあまりそういう面は外に見せず、さらっとつくれるふうに動いてきたのですが、それもだんだんしんどくなってきたので、やめます。笑笑

そこまで同調するデザイナーといっしょにものをつくりたい人がいたら、ぜひよろしくお願いいたします。
いいものつくる自信はありまする。

はじめてのイベント、ありがとう

BIRTH VERSE BERTH のイベント、ぶじに終わりました。
新しい仲間ができ、じぶんのコンセプトと生き方に興味を持ってくれて、ひとつまた自信につながりました。みなさんに感謝🙏

Trash * Treasure ~ Junk Art ~

他のみなさんのをちゃんと見るよゆうもなくて、写真もあまり撮れていない。。

なにかしらモノづくりをしている人たちとの接点、しかもぜんぜんハタケちがいの人たち。

たくさんの刺激をもらったのは言うまでもないけど、もっとたくさんのなにかをもらった気がする。なんか、目に見えないエネルギーみたいな。
その場の人たちが集まってこそ生まれる未知のなにかが、たのしかったし、心地よい。
なにより、会ったらみんなもう家族みたいな。作品や生き方をじぶんごとのように考えてくれる仲間たち。そんな人たちに出会えたことがなによりの宝であり、かけがえのないもの。作品とかいうモノを通り越して感じるもの。

おかげさまで、年内にひとつ、年明けてからふたつ、イベント&展示が決まりました。
このまま、突っ走ってみよう。

ネットでも、早く売り出したいけど、きっと来春くらいにオープンするんだと思う!

きっと、さらにアートな感性が出てくるんだと思う。わたしもまだどうなるのかわからないけど、たのしみ。

イベントの展示のお知らせ「バースバースバース」

「持ち込まない、持ち出さない」をコンセプトに「材料を買わない、ゴミを出さない、ありものであそぶモノづくり」の Trash * Treasure 〜Junk Art〜 のはじめての展示を、10月20日(土)パズル浅草橋というイベント内でさせてもらいます。

基本的には、空き家から出てきた着物や布類、木の端材を使った服や雑貨をつくっています。
今回は、じぶんのコンセプトの公開と、それに対するみなさんの反応がどうなのか、を知りたいところもあり。

イベント詳細はこちらFacebookからです。
https://www.facebook.com/events/268095523811443/

売りたい…でもいままだ準備中。。
告知をお待ちください〜!

LINEスタンプの紹介

あまりどこでも拡散していないけど、わたしの趣味でつくったLINEスタンプがあります。その名も、「もじもじウシ子さん」!笑

 

なんのキャラ?w
という感じですが、、胸にウシをつけたもじもじくんの服を着た、素直でちょっと天然キャラ。
わたしが中に入っているというウワサも…笑

誕生秘話はものすごくウチワのものなので、カット。

単純なイラストのなかにも味があるものをめざして、ウシ子さんシリーズ追加していってみまーす。

購入はこちらからだよん↓

もじもじウシ子さん – LINE スタンプ | LINE STORE

旅の準備編〜もじもじウシ子さん – LINE スタンプ | LINE STORE

suzuriオープン!グッズ販売をはじめました

最近イラストを描くことが多かったり、ロゴやチラシといったグラフィックデザインをすることが多いのですが、そこで、ふとしごとの合間に思い浮かんだおもしろいものとかを、グッズにしてみようとむしょうに思い、suzuriをオープンしました!

LINEスタンプでおなじみの「ウシ子さん」シリーズや、かわいいんだけどなんだか味わい深いポエムシリーズや、なにかの断面図シリーズ。

とくに理由はなくて、「かわいいけど味わい深いもの」がなんとなくテーマかな。

お気軽に見てみてくださいね〜!

chihirotomita のオリジナルアイテム ∞ SUZURI(スズリ)

 

しそジュースのラベル(てがき)

先日つくっていたしそジュースを、やっと小分けビンに入れて持って帰ってきた。

いま、ほかの案件でもパッケージのデザインをやらせてもらっているのだけど、ここではじぶんらのやし、あそびも兼ねて手がきで。

ぶっつけ本番のPROCKEYの細ペンは、いつもかなりいい感じになる。思ったよりもわかいくできる。

そのかわり、かくときにかなり集中する。つまりエネルギーをたくさんつかうので、つかれる(笑)

これは、なんかの下書き(笑)

いままで、絵をかくことは苦手だった。でもさいきんはじぶんでおもっているよりもかわいいものがかけるようになっている気がするので、たのしい。

パソコンに向かってデジタルでクリエイトするよりも、やっぱりしっくりくるものができる気がする。

いまさらながら、これからは紙にむかうじかんを大切に、たくさんとっていこう。

「たのしい」のレベル

よく笑う人をみると、「あ、『たのしい』のレベルが低いんだなあ」とおもう。

レベルが低いというとちょっとわるぐちみたいに聞こえるかもしれないけど、そうではなくていい意味で。笑

あるひとつのできごとについて、どう思うか

たとえば、休みの日にいっしょに買い物に行こうと予定していた友だちから、当日(しかも出発の直前に)「ごめん!他の予定で優先しないといけないことをきゅうに思い出したから、今日行けなくなった!」と連絡があったとしよう。そのときにどうおもうか?

  1. まじかー。ドタキャンすぎてさいあくやー。あいつさいあくやー。
  2. そっかーしょうがないなあ。ひとりで買い物行ってたのしめるものさがそーっと。
  3. あーいまこの人と会うべきじゃなかったんかなあ。買い物も、いま買うべきじゃないんかもしれんなあ。

1は完全にネガティブである。2と3はポジティブである。3は宇宙の意思を感じ取るかんじ。

ネガかポジかは、その人の生き方にそのままあらわれてくるとおもう。そしてそれがその人のエネルギーになる。

たのしみをみつける

たとえば、通勤電車。満員だとちょっとむずかしいかもしれないけど、立ってないといけない程度の電車でも、たのしみはたくさんみつけられる。
車内広告、車内の人、あの人のかばん、あの人のイヤフォンコード、あの人とあの人の関係、窓の外の風景、乗ってくる人たち…。
そこにたのしみをみつけられるようになれば、「たのしい」のレベルはだんだんとさがってくる。

そのときその時間その一瞬をせいいっぱいたのしむ

そうしてくると、いまの一瞬のそのときをせいいっぱいたのしめるようになる。
いましかないからたくさんたのしみたくなる。そのときにいっしょにいる人たちとせいいっぱいたのしみたくなる。

同じ話をしても笑う人と笑わない人がいる。
わたしのはなしはたいていはおもしろくないからしょうがないんだけど、それでもいっしょにいてこの話をしているだけで「たのしい」と思ってくれる人もいれば、まったくたのしいと思ってくれない人もいる。

わたしは、だれとでも、「いっしょにいてたのしい」とおもって過ごしているようにしたい。

はじめての。。しそジュース

自給自足をしたいなあと思いながらも、実は畑とか加工とかをいっさいやっていない。(環境が整わないというのをいいわけにしているだけだけど。。。)

そんななか、村のかたの畑のお手伝いをしようとおうかがいしたところ、「しそジュースつくれるか?」と聞かれたので、つくったこともないけど「やりますよ!」と答え、「つくったことないけど。。。」とあとでつぶやく。笑

レシピをおしえてもらったら、必要なものはそろっていたので、あとはつくるだけ。。と思いきや、しそについていたアブラムシやそのたまごをとるのがとってもたいへんでした。。。
しその葉だけで600gくらいあったかなあ。

なんとか葉をきれいにできたので、煮る。

赤い色が出てきれいだ。
この時点では、少しどす黒い感じの赤色だったんだけど、クエン酸を入れるとすーーーっと色があざやかな色に変わっていって、すっぱくなった!
クエン酸すごい!

みなさんに手伝っていただいて、ぶじ4Lほどのシロップができましたー!

このあと、使い古したしそをしぼって乾かして、ふりかけにしようとおもいます。

大地の再生 岡山復興プロジェクト@倉敷 真備町 に参加しておもった

大地の再生 岡山支部の、真備町での水害に被災されたところのおうちの環境改善に参加しました。

かべのきわに溝をほる

空気と水をとおすために、かべのきわに溝をほる。
ここが詰まっていると、膿がたまっていく。

今回は泥水をたくさんかぶってしまっていたので、土の表面に泥の膜が数cmあった。この泥は、特に必要ではないし、きたないものもふくんでしまっていたりするので、もうとってしまってもいいし、もしくは土といっしょに混ぜ込んでしまってもどちらでもいい。
かたくなってひび割れている土は、空気がとおっていない。
空気と水がとおっている土は、ふかふかになっているから。だからひび割れているところは空気がとっていないとおもっていいらしい。
そういったところを掘り返して空気を入れたりした。

コンクリートには点穴もよい

コンクリートの下も、基本的には詰まっている。
今回のおうちでは、池の底がコンクリートがうってあった。これを全部はぐのはたいへんだけど、いくつか点穴(50cm四方)をあけてあげた。
こうすることで、コンクリの下に空気がとおるようになる。

ときにはユンボウを導入。
ユンボウの操作をまじかでみたのがはじめてで、その繊細な操作にかなり感動してしまった。笑

ごみとなってしまった山を見て…

被災した地域では、水につかってしまったものはほぼもう使えない。
そんな粗大ごみ置き場が、そこここにあった。
不要になってしまうのはしかたがない。でもこの山を見ていると、なんだか人間の身勝手さを感じてしまう。
必要なときには必要だけど、そうじゃなくなってしまったらすぐに手放してしまう。
もし自分がこういった被害にあったとしても、ここにごみを持ってくるような生活はしたくないなとすごくおもった。

八百万の神というとちょっと宗教くさく感じてしまうけど、でも、ものをだいじに使うかどうかはわたしにとってはけっこう重要におもう。
たとえば、スーパーでつけてくれるビニル袋だって、スーパーから家までものを運んだら、そのあとはすぐに捨てられることだってある。
ほんの5分だけのいのち。

そのものが、高価だろうがそうでなかろうが関係なく、ずっと長く使われるように、ということをずっと考えていきたい。

霧ヶ峰高原での「じぶん以外いない」状況と、好きなものの再認識

長野県の霧ヶ峰高原。
前日に「八島ビジターセンター」の駐車場に行き、そのまま車中泊にて朝を待つ。

朝6時から出発するとほとんどだれもいないのだが、そこに360度パノラマで広がる八島湿原。

もうこの湿原を見ただけでまんぞくではあるが、そのさきの車山もめざしてみたい。

だれもいないなかに足を進めていくと、ほんとうにまただれもいない草原が出てくる。しかも人も見えない。。(実際には数人すれちがったのでいるのだけど)

まっさきに、「この大草原のまんなかに小屋を建ててそこに住みたい!」とおもった。笑

虫や動物はすごいとおもうけど、ここなら創作活動も無限にできるのでは。。とかおもってしまうくらいの、ほんとうに好きな場所だー。

あと、うねりながらも続いていく道が好き♡
遠くにみえる小さな道。でもどこかにつづく道。

車山山頂はこんなかんじで、北アルプスや南アルプスがほんとうによく見える日だった。さいこうだった。
富士山もあたまだけ少しみえた。

「好きなもの」の再認識

ここでも、じぶんの「好きなもの」を再認識できた。

大草原、平原、1km圏内にだれもいないようなところ、小径(こみち)、などなど。
確実にしあわせな時間をすごしていた。ひとりでいても、しあわせだとおもえる時間だった。
好きなものをじぶんで知ることができるのは、ほんとにしあわせなことだとおもえた。

湿原のなかに動物がいない生態系

ただひとつ気になったのは、湿原のなかにいっさい動物がいない(というか入らないようにしている)という生態系。

シカとかが入って、湿原の草を食べてしまうらしい。
なので、あくまでも湿原の草を守るという目的なんだけど。。。

植物や虫はもちろんたくさんいるのだけど、そこに動物たち(哺乳類かな)がいない。ここではなにが食物連鎖のピラミッドの頂点にいるのだろう。
虫?爬虫類?小動物??
それらは大繁殖しないのかな?
湿原はたしかにきれいだし、ここにシカが来ていて草を食べてしまったらこんな風景にはならないのだけど、とはいえなんだか気になってしまう。

アフリカのサバンナみたいに、ゾウやキリンもここでいっしょに暮らすような大草原にはならないのかなぁ〜とかおもってしまった。むずかしい理由はもちろんあるんだろうけど。

美ヶ原高原の美しい荒野と、バイオトイレと、テレビ塔

長野県の美ヶ原高原。
特になにも予定は考えていなかったけど、安曇野での「わさび祭り」を見たあとでふと思いついて、夜に山をあがった。

「夜のうちにあがっておけば、日が昇ったらすぐに散策できる」

日本でいちばん高いところにある「道の駅 美ヶ原高原」は標高2000m。
夜暗くなってから2000mまで車であがるのは、実はちょっとこわかった。
1年前にも長野に行ったときは、乗鞍高原へ、雨の中夜8時ごろ車でのぼった。トラックは多いし、雲で視界はわるいし、ものすごく後悔したのを思い出して、まずぐーぐる先生で道がどのていど広いかみっちり調べた。
二車線あれば、たとえ視界がわるくてもこわくない自信はあったので、ストリートビューで見る見る見る(夜中に離合困難な山道はさすがにいやだ。。)。

ありがたいことに晴れてはいたので、ぶじ道の駅に着くと、キャンピングカーなど車中泊のかたがたがけっこう泊まっておられた。
その日は、もう暗いし、100均のライトもすぐに電池が切れたので、寝袋にくるまって寝た。

どこまでも広くつづく高原地帯

次の日、日の出を車の中からチラ見して、6時ごろに出かける。
とりあえず王ヶ鼻をめざそうとおもうが、それ以外は決めていなかった。

駐車場を出て遊歩道のほうへ歩くと、そこですでにもう興奮してしまった。

湿原のなかにあるこの木の板を、ずっと歩いてみたいとおもってた。笑
うおーとひとり興奮しながら歩いていると、さらにすごい光景が広がって、ことばを失う(おおげさw)。

うし!?牛がいる!

牧場のことは調べてないので知らなかった。調べないとこういう驚きがあるので、けっこう好き。笑

こんな大草原のなかの牧場。さぞしあわせだろうに。。。と勝手に妄想をする。ほんとのところは知らんけど。

テレビ塔のなかにホテル

王ヶ頭に来ると、テレビ塔のなかにホテルがあった。
テレビ塔は向こう側からもよく見えていたんだけど、そのなかにホテルがあるとは思ってもいなかった。。某系列のホテルのようで。
景色などはたいへんいいのだけど、テレビ塔のなかにいてリラックスできるのか!?という不安は残る。。

柵をこえていった先には…

平原の途中に、人も通るなといわんばかりの柵があり。
最初は人も通ってはいけないと思っていたんだけど、どうやら向こうには茶臼山(ちゃうすやま)があるらしい。
山に登る気はまったくなかったけど、この平原を歩けることなんてそんなにないんじゃないかという期待で、なかに入ったら、やっぱりーー!!

まんなからへんにちょっと見えるのが人だよー。すごいねー。
少し離れるだけでもこんなに人って小さくなる。。(そのまた向こうに牧場とかも小さくみえる。。)

バイオトイレ

平原のなかの小屋にあったトイレが、ブオンブオンとものすごい音がしていたのだけどどうしてもトイレに行きたかったので、行ってみたらなんとバイオトイレだった。

大と小をわけていて(意識しなくてもたぶんしぜんとわかれるしくみ)、小を分解して水分として使っているのかな?
用を足すと、スイッチを押す。そうすると撹拌されるらしい。

なかのしくみや装置までは見れなかったけど、自然に分解されるというのでとってもいいなあと思った。においは少しあるけど。
なんか良くない点とかはないんかなあどうやろう。

遠くにみえるオブジェクトたち

美ヶ原高原、20kmくらい歩いたかなぁ。。
でも来て散策してみて、とてもよかったー。実は、じぶんの作品のヒントも得た。それがなにより大きかった。

平原いいなあ。